今日の気分は?

 おすすめワイン

「SUR  LATTES(スール・ラット)」



原産国  フランス  ローヌ

葡萄品種  マルサンヌ


今日の気分は泡!というお客様、オススメの泡ありますよ

当店のグランドメニューで取り扱っているものとは一味違い個性があります。

ヨーグルトなどから感じる乳酸発酵のようなニュアンスの香りが印象的で、

旨味もしっかり

割と、どんなお料理にでも寄り添ってくれそうな一本だと思います


「SUR LATTES(スール・ラット)」というワイン名は

「澱と接触させながら瓶内熟成した」という意味です。

サンペレ2001〜2002年のワインを瓶内二次発酵させ、

そのまま瓶内で8年間熟成させています。

東日本大震災のチャリティーワインとしてリリースされている「SUR  LATTES」

興味のある方はぜひ

at 11:14, tanaka1117, おすすめワイン

comments(0), -, -

ヌーヴォー!!

 昨日はボジョレーヌーヴォー解禁日でしたね〜

普段からワインを飲まれてる方、

飲まないけどこの日だけはという方、

色んな方々がワインを楽しまれたのでは

若々しくピュアな2013年ヌーヴォー

当店でも、まだまだお楽しみ頂けますよ。

当分グラスでもご提供させて頂きます

ではワインのご紹介。

昨年に引き続き

「ドメーヌ・ド・ベルコンブ  ボジョレーヴィラージュ・ヌーボー」(写真右)に加えて

「ヴァン ヌーヴォー」(写真左)です。

前者の生産地はボジョレー、葡萄はガメイです。

後者のワインはフランス北ローヌの日本人の作り手、大岡弘武さん。

そう、当店でも人気のワイン「ル・カノン」↓と同じ作り手です。

栽培はビオロジックを実践しており、このワインの葡萄はメルロ主体です。

「少量でも構わないから良い葡萄だけを育てたい」

との思いで大事に作られる大岡氏のワインは

果樹味たっぷりでのみごたえあります。

ぜひ、ご賞味あれ

at 15:58, tanaka1117, おすすめワイン

comments(2), -, -

ピノ・ノワール LOVE

おすすめワイン
「ニュイ・サン・ジョルジュ オー・バ・ド・コンブ 2009」



ぶどう品種 ピノ・ノワール
ドメーヌ ジャック・カシュー

ミネラル感たっぷりの、ふくよかでエレガントなワインです
香り、味、ともに
このワインの持つしなやかな色気にうっとりします
ピノ・ノワールLOVE

ジャック・カシューがつくるヴィラージュの中では光る存在の
このオー・バ・ド・コンブは
もっともヴォーヌ寄りにあり
上部にはニュイ・サン・ジョルジュのプルミエ・クリュ
北部にはヴォーヌ・ロマネのプルミエ・クリュ レ・ショームに
接しているという
村名ニュイ・サン・ジョルジュとしてはたいへん
クオリティの高いものだそうです。

at 15:25, tanaka1117, おすすめワイン

comments(0), -, -

オススメワイン

 オススメワイン

「シャトーボーモン2008


品種 カベルネ・ソービニオン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド

生産地 フランス ボルドー

格付 クリュ・ブルジョア


全体的に丸みがあり、なめらかで果実味たっぷりです。

タンニンもしっかりとしています。

香りに少しスミレを感じ

後味にチョコレートのようなニュアンスがあります。


とても飲みやすいワインですよ

at 14:49, tanaka1117, おすすめワイン

comments(0), -, -

美しいシャルドネ

おすすめワイン
「マコン・レクスプレッション・デュ・シャルドネ 2011」


ブドウ品種 シャルドネ100%
平均樹齢30年
ビオワイン

さわやかで熟した果実を
古い木で作られたワインのもつ
独特の香りや風味が
丸く、ふわりと包みこんでいます
なんともいえない、しっとりとした味わいを楽しめる
コクのある白ワイン

作り手、ジャン・マリー・シャラン氏は
マコネー地区の若手リーダー的存在であり
テロワールの表現者!



at 16:22, tanaka1117, おすすめワイン

comments(0), -, -

自然派ボージョレ

 今年もやってきました!ボージョレ・ヌーボー!

レストランAKARIでは、やはり自然派をおすすめ


「フィリップ・パカレ」のボージョレーヌーボー(手前)

「マルセル・ラピエール」のボジョレーヌーボー(奥)



自然派の代名詞ともいわれる

醸造家フィリップ・パカレ氏と

自然派の父といわれたマルセル・ピエール氏の

才能あふれる長男マチューの

ピュアで若々しいボージョレ・ヌーボーを

レストランAKARIで楽しんでみては?


ちなみにパカレの叔父はマルセル・ラピエールなのです


クリスマスディナーご予約受付中↓


at 15:00, tanaka1117, おすすめワイン

comments(0), -, -

グラマラスなワイン

 おすすめワイン

「ジュヴレ シャンベルタン デュジャック・フェス・エ・ペール」

GEVERY CHAMBERTIN 2008 DUJAC FILS & PELE



香りを嗅いだ瞬間、このワインの虜になります

ふくよかでグラマラス・・・・官能的でクラクラします

一口含み、喉を通った後でも、

いつまでも残るこの余韻・・・・

強く、華やかであり、丸くボワ〜ンとすべてを

包みこんでくれるようなこの包容力

!!!!すばらしくセクシーです!!!!!


舌の上に残るこのまったりとした塩の独特な甘みのようなもの・・・・

これがミネラルの感じなのでしょうか????

う〜ん・・・すみません、たぶん、表現としては

かなり適切ではないのでしょうが・・・

とにかく!すばらしく良いワインです


最近、プライベートでは

テーブルワイン的なものばかりを飲んでいたので、

このクラスを飲むと

やはり格の違いに圧倒されます

こんな素敵なワインに出会うなんて幸せです


某レストランのシェフでありソムリエ-ルに感謝

そして、おめでとうございます

続きを読む >>

at 16:50, tanaka1117, おすすめワイン

comments(0), -, -

オススメワイン

  ルイジャド コトー・ブルギニョン ルージュ 2011


先日、ご紹介したのは「コトー・ブルギニョン」白でしたが、今日は赤です。

ブドウ品種はコート・ドールのピノ・ノワールとボージョレーのガメイ。
ヴィンテージにより配合が変わるのでそれぞれの比率はシークレット。
香りはピノ・ノワールのイメージが強く、ベリー系の香り
飲み口はガメイといった感じで、タンニンは弱めでふわりと軽やかな印象でした。
2011年に関しては、あくまでも個人的な感想ですが…
個性的で面白味のあるとかというよりも、
軽やかで誰もが飲みやすいといった感じに思えました。
赤ワインが苦手な人もokなワインかも…です。

私は「コトー・ブルギニョン」の赤よりも白の方が好みでした〜


続きを読む >>

at 15:00, tanaka1117, おすすめワイン

comments(2), -, -

オススメワイン

 ルイジャド コトー・ブルギニョン ブラン2011



ブドウ品種はブルゴーニュ地方のシャルドネとアリゴテのブレンド
(シャルドネの方が比率は高め)です。
香りは果実のさわやかさと花のエレガントさを感じます。
飲み口も、爽やかな果実味あふれ、スッキリとしていますが、
まろやかさもちゃんとあります。(←個人的な感想ですが・・・)
とても美味しい!!!!!!

「コトー・ブルギニョン」とはフランスのINAO(国立原産地・品質研究所)が
2011年11月24日に認定した新しい原産地呼称です。
生産地域はオーセロワからボージョレーまでのブルゴーニュ全域で、
地域内のブドウであれば複数品種のブレンドが認められ、
ブレンドの比率もブドウの産地も各社の考え方次第の自由なワインなのだそうです。
2011年ヴィンテージから適用されています。
これから、さまざまなタイプの「コトー・ブルギニョン」が登場してくると思うと
楽しみですいろいろチャレンジしていきたいです

at 14:27, tanaka1117, おすすめワイン

comments(2), -, -

オススメワイン

 オ・ブ・デュ・シュマン2010/ドメーヌ・デ・ヴィニョー

ピノ・ノワール100%
ビオワイン
お香のようなアロマティックな香りに、
(少しバラのニュアンスがある感じが私にはしました)
飲み口は赤系と黒系の果実を強く感じ、
香り、味ともにしっかりとしていて強い印象があります。
繊細で華やかなピノ・ノワールのワインを飲むことの方が多かったので
ちょっと衝撃を受けました。個人的には好きです。

Au bout du Chemin(オ・ブ・デュ・シュマン)は「道の果て」の意味。

レストランAKARiは松山の「西の果て」にあるレストランなので
「道の果て」の意味を持つこのワインを面白がってオーナーが購入したのですが
大正解な美味しいワインでした

at 15:35, tanaka1117, おすすめワイン

comments(2), -, -