<< 2/25ランチメニュー | main | フランス研修ご報告2 >>

フランス研修ご報告1

4年ぶりのフランス!!!!

早朝4時着。

行きのエールフランス(エコミー)は

満席でした〜

今回は8日間の滞在でしたよ!

14日〜18日の4日間は

パリから電車で1時間程離れた

自然豊かな街(最寄り駅ウードン)。

そして18、19日の2日間はシャブリとボーヌ。

最終20日はディジョンとパリ市内滞在。

といったスケジュールで

パリ市内とブルゴーニュ各地をまわり

フランスの家庭料理から

カフェ、ビストロ、レストランの

食を満喫して参りました。

当ブログで数回に分けてご報告させてくださいね!

 

それでは

フランス家庭料理から

ご報告させていただきますね。

パリに着いてからの4日間

日本の方ではありますが

約40年以上フランスにお住まいの

H様宅でお世話になりました。

ここは見渡す限りの広大な畑に囲まれた

とーーても空気の澄んだ自然豊かなところです。

到着した日は前日の雪がちらほら残っており

水辺はカチコチに凍っていましたよ。

次の日からはお天気で気温も高くなりましたが。

 

ある日の朝の食卓です。

近所のブーランジェリーで

買ってきてくださったパンと

卵料理、数種類のチーズ

(カマンベール、ブルーチーズ、コンテ、山羊)

ヨーグルトにバターに蜂蜜、

ご近所のおばあちゃんの手作りジャム

たっぷりのコーヒー、チョコレート、、、

たくさーんテーブルに並ぶのです!

 

夜は連日たっぷりの野菜、

例えば、、、

アンディーブ、ルッコラ、セロリにパプリカ、

ズッキーニ、じゃが芋、人参etc...と

質の良いお肉料理、生パスタ等です。

ニシンの薫製なども頂きました。

 

ある日の肉料理↓

ソーセージに塩豚

ワインは↓

 

 

ある日は牛肉のステーキも!

(テーブルに並んですぐに食べてしまい写真はないですが!)

ある日はベルギー人のご夫婦も一緒に食事で

この日は、餃子に

イカ飯

自家製チャーシュー

茶そばなんかもご用意していただいて!

バリエーション豊かでした。

食後はベルギー人ご夫婦がお土産に持ってきてくださった

博多出身日本人ショコラティエのお店

「Le trios chocolats(レ トロア ショコラ)」のデセールでした

私達にまでおこぼれをありがとうございました!!!

 

そして、またある日は熟成豚のソテー↓

前妻にはモッツァレラとドライトマト↓

ワインは

食後にはやはり数種類のチーズが並び

食事と一緒に楽しんだ残りのワインで

お喋りを楽しみましたよ。

 

H様の振舞ってくださるお料理は

とにかく新鮮な野菜がたっぷりです。 

野菜だけでなくお肉も玉子も

素材の良いものを使用しているので

味付けはいたってシンプル。

シンプルでありながら

それぞれの素材に合わせ

オリーブオイル、香辛料、ハーブに

フルーツを上手く使用し

甘み、苦味、辛味、香りが

それぞれのお料理に合う形で

上手く存在しています。

H様はお料理をする事、食事をする事を

とても愛していらっしゃいます。

料理人でなくとも

食に愛情がある方のつくるお料理は

やはり美味であり美しい。

それは決して飾りたて作り込んだ美しさではありません。

今回の旅行で後に行ったレストランで

そのようなお料理に出会ったなー。

後日ご紹介しますね。

 

H様のご自宅にお邪魔している4日間の間に

最寄り駅より

ベルサイユ宮殿や

パリ市内の美術館にも行き

素晴らしい芸術にも沢山ふれてきましたよ!

 

 

at 17:05, tanaka1117, 日々のこと

comments(0), -, -

スポンサーサイト

at 17:05, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment